2007年06月19日

■【お中元ギフト2007】【送料無料】北海道産の特大すいか!外は真っ黒、中は鮮やかなほどに真っ赤





  1度にたくさん採れない  
普通のすいかは1本のつるに実が4つぐらい付きますが、「でんすけすいか」は、
なんと1つか2つの実しか付きません。
この収穫量の少なさが、たいへん貴重なすいかとしての評価となっています。
また、すいか栽培の過程でつる自体も4本に制限し、余分なわき枝をとって
栽培しています。
少ない実が大地の栄養をたっぷりと吸ってすいかを大きく甘く育てます。

  手間をかけた栽培方法  
肥料には有機肥料を活用し、すいかの交配にはミツバチによる自然交配を実施。
ミツバチによる自然交配は花粉の付きもよく、いいすいかを育てます。
ミツバチは農薬を嫌いますので、それだけ農薬の使用も極力避けられています。

  独特の黒い外皮  
すいかの栽培には、玉直し(玉回し)という作業が必要です。
もともと黒いすいかという外皮が黒い品種ですが、手の込んだ作業を通じて
太陽の光を充分に吸収し、美味しいすいかへと育てあげます。


夏はやっぱりスイカ!!
この機会に一玉どうですか?
気になる方は写真をクリック♪
posted by 3721 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。